開業10年を乗り越えた秘訣

僕の開業記念日。
2008年5月1日に開業して丸10年の記念の?日を迎えたわけですが、道の途中に過ぎないとはいえ節目ではあるので、ちょっと振り返ってみました。

会社でも10年続くのは5%とか言われます。
今年の行政書士事務所の統計でも、3月だけで約420もの事務所が登録を抹消しています。
※新規登録は約170
はっきりいって、本当に厳しい世界だと思います。
業界の市場規模も、平均売上も、平均雇用数も、他に例を見ないほどに低い業界です。

でも、なんとか10年継続することができました。

一度も前年を下回ることなく、そして毎年人も増やすことができました。
開業時、僕は社会人経験もない、Webどころかエクセルすらわからない、人脈とかお金どころかビジネスの基本もわからない、そんな状態での開業でした。
正直言って、開業してすぐに結果が出せたわけではありません。
何度もこの仕事は向いていないと逃げかけたこともあります。

行政書士はスポット業務。
それにもかかわらず単価は下がり続け、広告費は高騰、同業は増え続けていく。
この10年で実に行政書士の登録数は6000事務所も増えている、46000のうち6000が10年で増えているわけです。

開業してすぐに、3.11もありました。

それでも、こうして開業10年を乗り越えることができたのかを振り返ると、色々思い浮かぶことがありますが、最大の秘訣と言われればそれは「行動量」だと思います。

どうやったら行政書士として食べていけるかを考え、うまく行っている人の真似をしようと開業本を読み漁り、そういう方のセミナーに出まくって、やったほうが良いということは徹底的にやりました。
ブログを始めたのだってそう、ブラインドタッチだって全くできなかたのに、最初はみんな素人なんだしとチャレンジし、継続してきました。
Webって単語すら知らなかったのに、ひたすらWeb集客を学び実践していたら、段々と仕事が取れるホームページというものがわかってきました。

いつだって真似して、自分のものになるまで行動し続けてきました。

できることが増えてくると、できないこともわかってくる。
むしろやったほうが良いことの多さに愕然としながらも、まずは一歩を踏み出し、そして止まらずに進んでいけば、確実にできることは増えていく。

いつも思うことですが、結果が出ないというのは【やり方が間違っているか、足りていないか】
若しくは本気で結果を出したいと思っていないかだと思うんです。
眼の前のやるべきことをやってきたら、いつの間にか10年経っていたのが率直な感想です。

そして10年たった今もまだまだできることがあるし、やったら成長できるとわかっていることがあります。

それだけ周りの方で結果を出している方から学ぶことも多いし、真似していきたいことがたくさんあるんです。

行政書士人生は辞めるまで勉強&行動。
それができる人は10年どころかずっと経営していけるでしょう。
できなかったことができる喜び、それをずっと感じていられるのが行政書士。だったら行動しなけりゃ勿体無いですよね。

行政書士にこだわり、しかし執着せず、新しい行政書士のモデルを作っていきます。

どうぞ今後とも宜しくお願いいたします!!