\ おすすめ Pick Up /

ノミのジャンプ

今回は「ノミのジャンプ」です。有名な話なので知っている方も多いかもしれません。

驚異的な“ジャンプ力”で知られるノミ。20cm跳べるノミがいるとします。
そのノミを高さ10cmの箱に入れ、ふたをしてしばらく放置します。
そして、そのノミを再び箱から出してみるとそのノミはどうなるでしょう。

そのノミは10cmしか跳べなくなっているそうです。
箱の中でふたをされていたため、10cmしか跳ぶことのできなかったノミは箱から出されても、10cmしか跳べない。

20cm跳ぶ能力を持っているにもかかわらず、こうなってしまうのはなぜでしょう。
箱の中という環境で、10cmという限界を作られてしまったために、10cmが、自分に跳べる高さの限界と思ってしまったからです。

自分の中の「アタリマエ」

周囲が受け身で現状維持の中にいるか、チャレンジが当たり前の中にいるか、それで自分の「アタリマエ」って変わってくるのです。
置かれている状況や過去の経験の中で、いつの間にか自分で自分の限界を決めてしまいがち

でも、限界を決めているのは自分です。自分で跳べる箱の高さを決めてしまっているかもしれません。

ちなみにこのノミ、箱から出して、仲間のもとに戻すと、少したってからは通常の高さまで跳べるようになるそうです。
自分だけだと限界を作ってしまいがちなら、高く跳んでいる仲間がいる場所にいればいい。

自分の場合、きっと少し前なら諦めていたこと、今はチャレンジできていると思います。

それはいつももっともっとと頑張っている仲間や先輩が、たくさん周りにいてくれるから。
できない理由を挙げてあきらめるのでなく、どうしたらできるかを考え、行動に移している環境があるから。

もう一歩踏み出せば、過去の自分を超えられる。

今までたとえできなかったことでも、違ったやり方だったらできるかもしれない。

過去で判断してはいけない。

諦めなければすべてがかなうのかはわからないけれど、何かをつかんだ人はあきらめなかった人でしょう。

限界をつくるのは自分です。
それを乗り越えていけるのも自分だけです。

今までできなかったことでも、やり方を変えればできるかもしれない。
過去に縛られすぎてはもったいない。
自分の限界を超えるのは自分しかありえません。

思った以上に人の限界って限界でない。
自分を打ち破っていきましょう!!
やるからできる!!

 

ABOUT US

石下 貴大
石下 貴大行政書士の学校 校長
1978年栃木県生まれ。立教大学法学部卒業。 2008年に行政書士石下貴大事務所を銀座で開業。 2010年業務拡大につき行政書士法人GOALに組織変更。 産業廃棄物関係や建設業、古物商、運送業の許認可を専門に多数の実績をもち、単に手続きをするだけでなく、法令や制度の改正やコンプライアンス経営など許可取得後も成長していける身近な相談役であることを目指している。 趣味はサッカー。高校時代は栃木県優勝実績もあり、スピードと体力には自信あり。