SEOが崩壊する?

今回はちょっと集客の技術的なところであるSEOについてです。

オーサーランクという言葉を聞いたことはありますか?
オーサーランクとは簡単に言うと、文章の書き手をランク付けし、より専門性が高いと判定された人のコンテンツを上位に表示しようというものです。

これまでGoogleは他サイトからどの程度リンクが張られているのかという、リンクの数を中心に、アクセス状況やコンテンツの中身などを総合的に評価し、検索の順位を決定していると思われていました。
なので僕らのところにかかってくるSEO業者の多くが、このバックリンクを買いませんか?といってきたわけです。

多くのリンクが貼られているということは、それだけ評価の高いサイトだろうという理論ですが、大量のサイトを作成し、そのリンクを貼り付ける業者も多く、そうすると本来的な質の担保にはならないわけですね。

そこでGoogleではリンク数に大きく依存した現在のランキング方式を改良し、より自然な形で検索結果が決まる新しい仕組みを目指しており、
それがオーサーランクといわれています。

現在のリンクを中心にした評価体系がすぐに変わるわけではありませんが、徐々にこうした新しいアルゴリズムのウェイトを高くするとしています。これって結構なことです。
実際に史上最年少でマザーズに上場したことで知られている某社も、この影響をもろに受け収益が悪化しているといわれています。

とはいえ、バックリンクをランキングの評価要因から外す代わりに、著者評価を最重要視するということではないようですが、
それでもバックリンクのランキング決定に占める比重が相対的に減るのは間違いないようです。

こうなるとSEO対策自体が大きく変わっていくことが予想されます。
文章を書いた人にどの程度の専門的知識があり、論理的な文章の組み立てを行っているのか。

僕自身は自分がSEO業者に無駄な金を払ってしまった経験から、多少の知識は入れましたが、それでも当然専門家ではありません。
このことも僕のホームページをお願いしている友人から教えてもらいました。

やはり餅は餅屋、専門分野以外を追いかけるのには限界があります。
しかしひとついえることは、こうしたスピードの速いウェブの業界において、自分で全てをまかなうことは無理だろうということです。

行政書士をカモにしているWeb業者、SEO業者は想像以上にたくさんいます。

一方で自分でホームページを作ること、SEO対策をすること自体を、全否定するつもりはありません。
自分でやればお金はかからないし、調べる分、知識もつくでしょう。

でも・・・
それが僕たち行政書士の仕事ではない。
少なくてもこれだけ変化のスピードの速い業界について、自分の仕事をしながらちゃんと着いていくことは、現実的に無理ではなかろうかと思うのです。

間違いなく僕は無理だし、ある程度の知識は仕入れるとしても、それ以上については信頼できる専門家に任せたい。
その分自分の本来のやるべきことに集中したいと思っています。

ただでさえ行政書士がやるべきことは無数にあるのですから。

SEO業界は確実に大きな変化のときです、戦国時代に突入しているといっても過言ではありません。

バックリンクのみのSEO業者は淘汰されます。
しかし逆に変化はチャンス。
何が起こっているのかを理解し、その上で今後どうして行けばいいのかを知れば、先を行くことが可能なときでもあると思います。

変化はチャンスです。
起こっていることを知らずにいることが一番危険ですが、逆に先に動くことによって先行者になれます。

本当にこれからのウェブ集客は激変していきます。
後発でもウェブで勝てる時代です。
ウェブ集客に限った話ではないですが、変化に対応できるものこそが最強です。

『最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるでもない。唯一生き残るのは、変化できる者である』 ダーウィン

もしちゃんとしたSEO対策をしていきたいという方、ダメなSEO業者に搾取されたくないという方がいらっしゃいましたらお気軽にご相談くださいませ。

お問い合わせはこちら