行政書士こそ理念を持て

今回の本題「行政書士こそ理念を持て」です。

僕が2008年に行政書士として開業したとき、「理念」など微塵もありませんでした。
仕事の内容もよくわかっていませんでしたし、社会人経験も皆無、なにより目の前の生活で精いっぱいだったからです。

だんだん仕事に慣れてきて、効率的に作業をするためにシステマチックになっていきました。
行政書士の仕事は書類作成、ただひたすらルーチン的に書類を作って出す。

理念が必要な理由

行政書士の仕事は基本的には書類作成であり、状況は違えど、同じような仕事を積み重ねていくものだと思います。

それがとても危ない。

自分にとっては毎日やっていることであっても、お客様にとってはそれが大体が初めての大切なこと。

僕たちにとっては日常の一つでも、お客様にとってはどれもがとても大切なこと。
会社設立だってそう、慣れてくると機械的にやりがちですが、お客様にとっては人生をかけてのチャレンジかもしれない。
許認可もそう、その許可があることで、低迷した売上げを上げることができるかもしれない。

「先生のおかげで、最近楽しくて仕方ないよ」

とある設立手続きのお手伝いをしたお客様から頂いた言葉。
これが理念を持つことの大切さを教えてくれました。

書類を作るだけが行政書士の仕事ではない

僕たちは書類を作っているだけでない、お客様の新たなスタートだったり、拡大だったり、書類作成を通してお客様のお手伝いをしている。

想いを形にするのが起業支援、設立手続き、であるならばお手伝いする側も「想い」つまり「理念」が大切。

行政書士という仕事を通して、自分は何をしていきたいのか。

僕にはものすごいビジネスモデルもないし、投資できるお金もありません。

だけど、許可を取ったりその後のサポートをさせていただく中で、適正な産業廃棄物事業者を増やすことで、間接的にですが環境保全に貢献できるかもしれない。

起業を支援することで、日本経済を活性化するお手伝いができるかもしれない。

お客様のGOALへ最適な方法で貢献する

僕はこうした理念を持っています。
だから行政書士の仕事に誇りを持っていますし、もっともっとお客様に提供できる価値を高めたいと思っています。

行政書士の仕事は書類作成や提出だけではないのです。

リッツカールトンも、ディズニーも、理念を持ち、それをスタッフが共有することでやりがいを保ち、一貫性のあるサービスが出来ています。

我々行政書士も、この仕事を通してどうなっていきたいのか?

それがあったほうが楽しいですよね。

行政書士の仕事を通して、あなたがしていきたいことはなんですか?