組織化の強み

組織化の強みについて

行政書士事務所のほとんどは個人事務所です。
約7割は1人の事務所、いても家族など1人くらいがほとんどです。
働き方も多様化していますし、組織化、法人化が必ずしもいいとは限りません。

ですが、組織だからできることがあるのも確かです。

先日、行政書士法人の規模としては日本有数の代表の方々と会食をさせていただきました。
話すことの全てが刺激的で、非常に勉強になる時間でした。

なかでも感じたのが「組織の力」

間違いなく個人事務所では対応できない仕事ってあります。
法人化して組織となっているからできること。

それも他ではできないという強み。
組織であるからこその効率化、組織だからできる営業、組織だから作れるサービス力。
単価を上げる、移動をしない、外圧と内製化、社内ファクトリー化。
たくさんのヒントをいただきました。

行政書士は雇用がない、行政書士は個人事務所が多い。
ここに行政書士という業界の弱みがあり、そしてチャンスがあるように感じました。

うちの事務所も法人化して仲間が増えて、できる仕事が増えました。
無駄な時間は少なくなり、効率的になってきました。
規模間の大きな話もいただけるようになって来ました。
もちろん固定費を上げることは危険ですし、マネジメントリスクだってあります。

ですが小さく縮こまっていたら圧倒的な成長もない。

僕たちがグループ会社で開発した
「本当に使える助成金だけを」「シンプルに」「わかりやすく」 検索できる助成金検索サイトである
【みんなの助成金】をリリースできたのも、この組織の力があったからこそ。
https://www.minnano-joseikin.com/

さらにこのサービスをリリースして、yahooニュースや東洋経済オンライン、読売や毎日新聞などのメディアに30以上取り上げられたのも、
開始後たった3日で登録者数が600を越えたのも、僕の個人事務所では無理でした。
法人化して組織化して広報にも力を入れてきたからできました。

※士業の方はお客様への提案に活用していただけるほか、今だけサポーターズプランというお客様とのマッチング機能が初期登録無料です。

全国で登録いただいているお客様が実際にその助成金を活用したい場合、サポーターズプランの士業の先生方をご紹介させていただきますので
ぜひお早めにお申し込みくださいませ。https://www.minnano-joseikin.com/

行政書士も個人から組織の時代へ。
そんな流れができているのかもしれませんね。

うちは足場を固めつつも、多角化、多様化、拡大化しつつ増殖を狙って行きたいと思っています。